【人間顔負け】犬がボレーボレーする癒し動画 テニスで活躍する犬たち

テニスは生涯スポーツとして知られており、老若男女問わず誰でも楽しめるスポーツです。

ですが、テニスをするのは人間だけだと思っているそこのあなた!甘いですよ笑

この度、ATPの硬式ツイッターで飼い主とボレーボレーする犬の動画が配信されて話題になっています。

コロナウイルスの影響で自粛しているなか、庭でボレーボレーの相手をしてくれる犬なんて最高ですね^^

また、人間顔負けのある大役を任された犬もご紹介します!

バウンドさせる事無くちゃんとボレーボレーする犬

ATP(男子プロテニス協会)の公式ツイッターで、自宅の庭で愛犬とボレーボレーする動画が紹介されました。

15秒程度の短い動画ですが、バウンドさせる事無くしっかりとボレーボレー出来ています。

動画はこちら↓

#tennisathome(テニス・アット・ホーム)のハッシュタグでツイートされたこのツイートはテニスファンの間で話題になっています。

テニスファンじゃなくても、犬がボレーしている姿には癒されますよね^^

ATPのツイッターには「男性の1番のボレーパートナー」として紹介されています。

確かに自宅にこんな犬がいたら毎日ボレーボレーしたくなりますよね。

人間顔負けの活躍で会場を沸かせた3匹の犬

2015年、ニュージーランドで開催されたASBクラッシック。

この大会では本戦の前に、ビーナス・ウィリアムズ選手とクズネツォワ選手のエキシビジョンマッチが行われました。

このエキシビジョンマッチでは、とあるポールパーソン3人?が話題になりました。

話題になったのは「オスカー」「テッド」「スーパーテディ」という3匹の犬。

そうなんです。

この試合のボールパーソンは人間ではなく、3匹の犬が務めました。

しっかりと訓練された3匹の犬たちは、大舞台でも全く問題なく役目を全うしていました。

エキシビジョンマッチならではの、ほっこりするイベントでした。

流石に公式戦では難しいと思いますが、エキシビジョンマッチやチャリティーマッチなんかではどんどん取り入れて欲しいですね^^

テレビで放送されるのは四大大会(全豪、全仏、全英、全米)ぐらいなので、そのような公式戦しか観た事が無いという人も多いと思います。

ですが、エキシビジョンマッチやチャリティーマッチは試合中に選手が観客を盛り上げる為にちょっとふざけてプレーしたりします。

公式戦には無い魅力があるんです。

機会があれば、チャリティーマッチなどを実際に観に行くと、テニスの楽しみ方が広がりますよ^^

まとめ

庭でボレーボレーする犬もそうですし、ボールパーソンを務める犬もそうですが、やっぱり犬って賢いですね。

そしてかわいい笑

いつか普通にストロークでラリーできる犬が登場してもおかしくないですね。

ボールパーソンなどの取り組みは、テニスを知らない人たちに興味を持ってもらうきっかけにもなると思うので、是非取り入れてテニスの普及に繋がればよいですね。

という訳で、本日はテニスにまつわる犬の癒し動画をお届けしました^^