【ドミニク・ティエム】下位選手支援批判に対する本音を初激白【ジョコビッチ】

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、テニス業界でも全ての試合やイベントなどが中止されました。

日本では多くの地域で緊急事態宣言が解除されましたが、依然予断を許さない状況です。

そんな中、試合が出来ずに資金難に陥っているランキング下位の選手達の支援策を提案していたジョコビッチ選手。

自分を含むランキング上位選手(トップ100)が資金を持ち寄り、ランキング下位(250位〜700位)の選手を対象に支援すると言う内容でした。

これに反対する意見をしたとして批判されていたティエム選手。

ですが、本当にティエム選手が伝えたかった事とは違った形で広まってしまいました。

発言の一部が切り取られて誇張されたしまった

ジョコビッチ選手が提案した支援案はランキングトップ100の選手、ATP(男子プロテニス協会)、グランドスラム運営組織などから合計400万ドル程度(約4億3000万円)を集めて、ツアーの中止によって収入のなくなってしまい苦しんでいるランキング下位(250位〜700位)の選手を支援しようと言う内容です。

とても素晴らしいアイデアですよね。

フェデラー選手をはじめ、ランキング上位にいる選手はこう言ったところも尊敬に値します。

そう言えば、フェデラー選手は今年だけで5億円寄付しているそうです・・・桁違い笑

ところがこの支援案に、ティエム選手が反対していると言う報道がありました。

ティエム選手の主張は

「下位選手にはプロフェッショナルだと感じられない選手が多すぎる。そのような選手に金銭的援助をする理由がわからない」

と言う内容でした。

この発言が、「ランキング下位選手へのリスペクトに欠けている」と批判されてしまいました。

確かにここだけ切り取ると、そう言った印象になってしまう気もします。

ところが、ティエム選手の発言を最後までしっかりと読めば、本当に伝えたいことが別のことだという事がよく分かります。

本当に困っている人に支援をしたい

ティエム選手を批判している人たちは、「下位選手にはプロフェッショナルだと感じられない選手が多すぎる。そのような選手に金銭的援助をする理由がわからない」の発言だけを切り取って批判しています。

ところがティエム選手はこう続けています。

「たとえランキングでは下位にいようとも、飢えて倒れるほどの危機に瀕しているプレーヤーはいない。むしろ、本当にぎりぎりの状況にいる人たちに届くよう、適切な人や機関に寄付したい」

要するにテニスプレイヤーの下位選手以外にも、コロナウイルスで本当に苦しんでいる人たちを自分で選んで支援したいという事ですよね。

これが言葉の上っ面だけを切り取って解釈された結果、ティエム選手がランキング下位の選手へのリスペクトが欠けていると批判されてしまった訳です。

調べてみると、最初の記事の段階で本当に苦しんでいる人に届けたいという事もしっかりと公表されていました。

しっかりと最後まで読まずに、まず批判という人がいかに多いか分かる出来事ですよね。

下部ツアーの賞金についても言及

ティエム選手自身、ランキング下位の時代に様々な辛い経験をしたそうです。

そうした経験から、とてもプロテニスプレイヤーとは思えない選手がいる現実を目の当たりにしてきた事もあり、条件なしにランキング下位の選手を支援するという内容に疑問も持ったという事ですね。

ティエム選手は、誰を支援するかは自分で決めたいとも言っています。

現実を知らないただのテニスファンからすれば、トップ選手が下位の選手を支援してやれよ!と無責任に考えてしまいがちですが、現場を知るティエム選手だからこその考えがあるはずです。

確かに自分のお金を寄付する先は自分で決めたいですよね。

またティエム選手は、チャレンジャークラスのツアー(ランキング100位〜400位程度の選手が中心)の賞金の低さも見直すべきではないかと提言しました。

チャレンジャーはATPツアーで下から二番目に位置しています。

このチャレンジャーの賞金が、出場選手のレベルと釣り合っていないのではないかという提言です。

コーチやトレーナーなどと一緒に世界を飛び回って試合するには、常に優勝をしなければ難しいというレベルです。

チャレンジャーにも素晴らしい才能を持った選手がたくさんいるため、今の状況は正しいとは言えないという趣旨の発言をしています。

チャレンジャーの賞金が上がれば、今まで埋もれてしまっていた選手が上がってくる事もありそうですよね。

まとめ

何も間違った事は言っていないにも関わらず批判されてしまっていたティエム選手。

支援する先は自分で決めたいと至極真っ当なことを言っているだけ何ですけどね^^;

確かにランキング250位〜700位の選手全員を支援というと、ちょっと乱暴な気がしない事もないです。

中には支援を必要としていない状況の人もいるかもしれません。

またチャレンジャーの賞金アップに関しては、現実的に難しい問題だとは思いますが、テニス全体のレベルアップのためにも、是非実現して欲しいですよね。